モビリティ

 

モビリティScadaソリューションの構築

スマートモバイルデバイスの台頭およびSCADAへの影響

モノのインターネット(IoT)や製造業におけるモノのインターネット(IIoT)のこれまで以上に世界での接続度が増したなかで、スマートモバイルデバイスの大規模な取り入れは、新たなチャンスと新たな課題を生み出します。システムは、限られたサイズの画面を有するスマートモバイルデバイスに関する関連情報を得るために、フィルタリングされなければならないデータをますます多く生成しています。
さらに、人々がスマートモバイルデバイスと対話する方法は、ラップトップやワークステーションと対話する方法とは異なります。産業および建築資産の監視、診断、維持および制御する従来の方法は再考する必要があります。システムは、限られたサイズの画面でスマートモバイルデバイス上の関連情報をもたらすため、フィルタリングが必要であり、より多くのデータを生成しています。

 

PcVueモバイルソリューションズ

SCADAモビリティの改革

必要なのは、適切なコンテキスト情報を適切な人に、適切な場所に、適切なタイミングで、積極的かつ安全にご提供するシステムです。IPS(屋内測位システム)および長距離GPS(全地球測位システム)は、今日のモバイルデバイスの標準的機能です。
PcVueソリューションズは、これらの新しい技術を利用して、近接性およびロケーションサービスに基づくコンテキストモビリティを実現するモビリティインフラストラクチャを開発しました。現在、モバイルワーカーは、ナビゲートする必要性がなく、自分の位置と役割に応じて、モバイルデバイス上の関連情報を自動的に取得できるようになりました。この革新により、性能が飛躍的に向上し、効率的な操作および安全性が実現します。

 

機会
  • ますます増加するデータの可用性を活用する
  • ヒッグデータを関連する情報に変換できる
  • 位置情報や役割に応じた情報を表示する
  • 自動的にモバイルワーカーに情報を転送する
  • データの保護

 

特徴
  • コンテクストロジックエンジンを備えた専用モビリティサーバ
  • 近接・位置情報サービスを備えたコンテキストモバイルHMI
  • 通知ベースのサービスを備えたモバイルインターフェース
  • 豊富なグラフィカルHTML5Webインターフェース
  • 標準のスマートモバイルデバイスで動作する
  • 安全な設計